【三軒茶屋】Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)築50年の診療所が超有名おしゃれカフェに!?

世界を代表するコーヒー界のアップル

コーヒー界の”Apple”とも呼ばれているアメリカで大人気のコーヒーショップ 「Blue Bottle Coffee」がなんと三茶にもあるってことで、早速行ってきました♪

目次

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェに行く前に知っておきたい3つのポイント

そもそも「Blue Bottle Coffeeって何??」って方必見!
行く前に知っておきたい3つのポイントはこちらです。

  1. アメリカ発祥のコーヒーショップ
  2. 一杯ごとに淹れるこだわり
  3. 築50年の診療所をリノベーション?!

アメリカ発祥のコーヒーショップ

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee 外観

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェの外観

コーヒー界の「Apple」とも呼ばれる革命児のブルーボトルコーヒーとは、アメリカのサンフランシスコ発祥。

オシャレなデザインの青いボトルがロゴマークで、2002年に始まってから一気に人気が拡大したコーヒーショップです。

現在日本では、東京都内に16店舗、京都・神戸に4店舗展開されています。
三軒茶屋店は2017年10月に国内7店舗目としてオープンしました。

創始者は元クラリネット奏者のジェームス・フリーマン氏。

あまりにもコーヒーが好きで、自宅ガレージで焙煎所を始めたのがブルーボトルコーヒーのきっかけらしいにゃ。

自宅ガレージから世界進出って夢があるね〜!


一杯ごとに淹れるこだわり

一杯ずつ淹れる「マイクロブリューコーヒー」がブルーボトルコーヒーの特徴です。
創始者自ら厳選した豆だけを選別して焙煎しています。

コーヒーラバーに楽しんでもらえるよう、豊富な種類を用意しているのも魅力のひとつです。

なんといっても、オーガニックのフェアトレードの豆だけを使用しているのもブルーボトルならでは。

自家焙煎して48時間以内のものしか使用していないというこだわり!

セタさん!フェアトレードってなに??

フェアトレードとは公平な貿易を意味する「Fair Trade」のことで、発展途上国で作られた物品を適正な価格と対等な関係で継続的に貿易するという国際的な取り組みのことにゃ。

いま話題のSDGsの象徴と言われている取り組みにゃ。

社会貢献の取り組みにも力を入れているんだね!

築50年の診療所をリノベーション?!

三軒茶屋駅から歩いて3分。
栄通りの右手に何やら見覚えのあるロゴが。

「こんなところにブルーボトルがあるの?!」とびっくりすること間違いなしです。

立地の由来はここにありました。

なんとこのBlue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェは、診療所として使われていた築50年の建物をリノベーションして作られているんだとか!

”三軒茶屋”の地名通り、地元の皆さんの「茶屋=休憩所」としてコーヒーを楽しんでいただきたいという、この場所を生まれ変わらせたかったオーナーの想いが詰まっています。

店内には昔の設計時の名残りが残っていました。
Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェに訪れた際は探してみてください♪

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェのメニュー

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee メニュー

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェのドリンクメニュー

ドリンクメニューはこちら!

・ESPRESSO DRINKS
アメリカーノ ¥450
カプチーノ ¥500
カフェラテ ¥520

・DRIP
ブレンドコーヒー ¥450~
シングルオリジン ¥550

・OTHERS
レモネード ¥550
ホットチョコレート ¥600
ブルーボトルコーヒー ペールエール(ビール) ¥850


ドリップコーヒーは日替わりで種類が変わるようですね!
毎回違うコーヒーが飲めるのは嬉しい♪

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee メニュー

ドリップメニューは日替わりで楽しめる!

フードメニューはこちら!

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee メニュー

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェのフードメニュー

・ワッフル各種 ¥500
・パウンドケーキ各種 ¥400
・グラノーラスティック フルーツ&ナッツ ¥350
・オリジナルグラノーラ+ミルク ¥600

インスタではコーヒーとワッフルの組み合わせが大人気。
ブルーボトルのロゴがお洒落でフォトジェニックで映えます♪

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェの店内

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee 店内

Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェのテーブル席


三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee 店内

ハイテーブルの席もあります。

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee テラス席

お天気の良い日はテラス席が気持ちよさそう♪

コンクリート打ちっぱなしの店内はモダンでお洒落な雰囲気。

カフェベランダから太陽の光が入って気持ちいいなぁ♪

平日のお昼頃行きましたが既に満席。
モーニング利用だと落ち着いてそうなので早めに行くことをオススメします。

Wi-Fiもあるので、ゆっくり中で作業♪

三軒茶屋 カフェ Blue Bottle Coffee コーヒー

カフェラテ(¥520)とポテトワッフル(¥500)

カフェラテのラテアートが美しい。。
ミルクが濃厚で高級感があります。

ポテトワッフルは焼き立てでサクサク。
カフェラテの甘みとワッフルの塩っけが絶妙で美味しい♪

店内にはWi-Fiもあるのでちょっと作業してカフェするのもいいですね。

営業時間・アクセス・ホームページ

住所東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
電話番号03-6453-2468
アクセス東急田園都市線 三軒茶屋駅(南口B) 徒歩2分
営業時間08:00〜19:00
定休日なし
公式HPhttps://store.bluebottlecoffee.jp/pages/sangenjaya
公式SNShttps://www.instagram.com/bluebottlejapan/

まとめ

世界進出しながらも地域に根付くコーヒーショップ”Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェ”。

フェアトレードなど社会問題の取り組みにも力を入れていて、オーナーの思いが沢山詰まったBlue Botteleのファンになってしまいました♪

三軒茶屋カフェならではのリノベーションされたモダンな雰囲気と、こだわりの一杯を是非体験してみてください!

The following two tabs change content below.

あやか

三茶に住んでいる世田谷区民です。JIMOHACK世田谷の初期メンバーとしてライターをしています。記事を書くためにパン屋に通っていたら、なぜか小麦アレルギーになってましたw 記事を見て「行ってみたいな!」と思ってもらえるような記事作成を心がけています♪
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

三茶に住んでいる世田谷区民です。JIMOHACK世田谷の初期メンバーとしてライターをしています。記事を書くためにパン屋に通っていたら、なぜか小麦アレルギーになってましたw
記事を見て「行ってみたいな!」と思ってもらえるような記事作成を心がけています♪

コメント

コメントする

目次
閉じる