【二子玉川】絶品インドカレーならMOTI(モティ)のランチメニュー

モティ 二子玉川 インドから直輸入のスパイスを使用した本格インド料理店

インドカレー・・・

というか「ナン」が食べたい・・・!

そう思ってインドカレー屋さんに向かう人は少なからずいらっしゃるはずです。


焼きたてのアツアツでもっちりした食感・・・

ほんのりと甘いあの感じ・・・

お皿からはみ出過ぎてて、「もっと大きな皿を使えば良いのに」と思わせる演出。

食べてみると案の定、テーブルには粉々になったナンの破片たち。

たまりませんね・・・

ナンへの愛を全力で伝えたところで、早速インドカレー屋さんの紹介です!

目次

モティ 二子玉川店とは?

今回お邪魔したお店は「モティ 二子玉川店」です。
六本木にもお店を構えております。

公式サイトには
「インド人シェフが再現する本場インドの味」
と書いてありました!

インドカレー屋さんでも「ネパール人」が経営しているお店が多い。
なんて話を耳にしたことがあります。笑

こちらのお店はインド人によるお店なのだそうです。

いままで僕が食べてきたインドカレーはどうだったのか?

目隠しをして「メロンソーダ」を飲んだ場合、それを言い当てる自信のない僕ですが、
今回のお店の味との違いを見極めたいと思います。

また、以下の通りこちらのお店は「北インド料理」を提供しているとのこと。

1978年の創業以来、本格的な北インド料理専門店として都内に展開してきたモティは、
インド料理の素晴らしさを伝え、日本におけるインド料理の礎を築いたと自負しています。

引用元:公式HP

ほほう・・・
「北インド料理専門店」か・・・

特徴を調べてみたところ
・北インド料理 → カレーは濃厚
・南インド料理 → カレーはシャバシャバ

あっさりとした和風つけ麺よりも、濃厚な魚介スープのつけ麺が好きな僕。
北インド料理に軍配が上がりそうです。

モティ 二子玉川店のメニュー

お店入り口

二子玉川駅を降りて目の前に位置するドッグウッドプラザ内にあります!

こういう立地の良さはポイント高いですよね。

客席からの眺め

すべてテーブル席で開放的な空間です。

公式サイトによると「夜景を見ながらの食事は格別」と記載がございます。
夜だとまた違った雰囲気なんですね。

「東京の夜景は残業でできている」という言葉はあまりにも有名

考えさせられる言葉だにゃ

そして本題のメニューです!

平日ランチメニュー

注意点として、上記メニューは月曜〜金曜のランチメニューです。
以下が休日ランチメニューですね!

休日ランチメニュー
サイドメニュー

以下はお店の外に置いてあったメニューです。
書いてある内容は上記の休日メニューと一緒みたいですね。

入り口メニュー

注文した料理

我々が注文した料理は・・・

  • キーマカレー
  • チキンハイドラバディ
  • ラッシー(セットのドリンク)

注文時に店員さんより
「キーマカレーはちょっと辛いよ」
と忠告を受けました。

強がりで負けず嫌いで世間体を気にする僕は
「ええで」
と返答し、内心焦りながら料理を待つことに。

というか記事を書きながら気付きましたが・・・

メニュー拡大

「南インド」って書いてある!
北インド料理専門店じゃないの!?

目を皿のようにして、改めて公式サイトをみました。

二子玉川駅前のドックウッドプラザの7階
夜景を見ながらのお食事は格別です!
本場顔負けの北インド・南インドをご用意いたしております。

引用元:公式HP

ちゃんと書いてあるやん・・・

公式サイトの情報に翻弄され、動揺を隠せません。

もしかしたら、創業当時は北インド料理専門店ってことだったのかも知れんにゃ

昔の常識が今でも通用するとは限らない。

時代は日々、変化しつつあり多様性が進む時代。

変化を恐れずに改善し続けなければ生き残れない。

モティが伝えたいことはそういうことかも知れませんね。

・・・・・

改めて大切なことを教えてくれたモティが運んできた料理がこちら

まずは「キーマカレー」です!

キーマカレー1
ごめんなさい、ちょっと散らかってますね
キーマカレー2
キーマカレー3

そして「チキンハイドラバディ」!

チキンハイドラバディ1

予想通り、ナンがお皿からはみ出してますね!
インド料理はこうでなくては 笑

肝心のお味については・・・

やはりキーマカレーは辛い!

店員さんの
「ほれ、言わんこっちゃない」
「やれやれだぜ・・・」

という、スタンドを使ってDIOを倒せそうな人の顔が目に浮かびます。

でも辛さだけではなく、ちゃんと美味しい!

もちろん言うまでもなくナンも美味しい!

でもやっぱり辛い!

大パニックを起こしている口内を甘いラッシーへ救いを求めつつ。

カレー → ラッシー → カレー → ラッシー ・・・

という感じでなんとか意識を保っておりました。

ちなみにチキンハイドラバディも辛いです 笑

こちらについて、チキンは柔らかくてとても美味しい!
(嫁も絶賛してました!)

あと、メニューには「ココナッツ味」とありましたがココナッツの味はあまりしなかった印象です。

美味しかったから別に良いんですけどね。
ただ、ココナッツに対して異常極まりない期待を寄せている人にとっては物足りないかも知れません。

そのほかにも・・・

玉ねぎの酢漬け

ナンにひっそりと隠れているオレンジ色の物体。
こちらは玉ねぎですね。酢漬けという感じでしょうか?

チリソースのような味がして箸休め的な存在ですね!

全体を通しての感想ですが・・・

大きなナンとスパイスの効いたカレーで大満足のお料理です!
ちなみに、ネパール or インドの料理を見極めるのは僕にとって至難の業でした。

モティ 二子玉川店の口コミ

今回は窓際席に案内していただけました。
玉川高島屋さんがよく見えます。
景色がいいですね。

さて注文です。
私はコンビセットにして、カレーはマトンドピアザとチキンハイドラバディにしました。
辛さは標準です。
家内は野菜カレーのセットです。
2人ともナンとラッシーにしました。

まずラッシーが到着。
氷なしでお願いしたので、濃いラッシーを楽しめます。

そして料理が到着です。
ナンの大きさは普通ですね。
カレーは辛めと聞いていましたが、普通の中辛程度です。
少し辛くしていただいたほうが夏に合ったかもしれません。
マトンドピアザもチキンハイドラバディもスパイシーさは程々です。
タンドリーチキンよりもフィッシュティッカのほうが好みの味でした。

やっぱり夏はスパイシーな料理が美味しいです。
ごちそうさまでした。

引用元:食べログの口コミ

平日のお昼に訪問。
スムーズに入れました。
窓側は、高島屋が見えて綺麗ですね。
良い空間です。

デラックス
カレーは2種類選べて、マトンとチキンをチョイス。
個人的にチキンがやっぱ美味しい。
深みもあり、ピリ辛で良い。
マトンは辛いが、インド料理さありますね。これも美味しい。

ごちそうさまでした。

引用元:食べログの口コミ

モティ 二子玉川店に行く前に知っておきたい2つのこと

子連れでも入りやすい

僕が入店したときもそうですし、他の方の口コミを見ていても感じたことですが・・・

基本的にスムーズに入店できるみたいですね!

待ち時間が長くて子供が駄々をこねてしまう・・・
お腹を空かして泣いてしまう・・・

そういった意味でも子連れにとって待ち時間が少ないのは嬉しいですね。
(子連れでなくてもそうかも知れませんが)

ほかにも・・・

もちろん、子供用のイスもあります!

子供用のイス

また、子供用のイスを使わずとも
全席テーブル席なのでベビーカーのままでも食事可能ですよ。

お子様メニュー

ちなみに、おこさまランチもあるそうです!

辛いのが苦手な人は・・・

僕自身もそうですが、辛いのが苦手な人にとって勧めたいのが・・・

バターチキンカレーです!

他の方の口コミでもオススメと称されておりました!

僕もよく、インドカレー屋さんに行ったらバターチキンを注文します。
どのお店も安定した美味しさと控えめの辛さというハズレのないメニューだと自負しております。

今回は注文しませんでしたが、次に来店した際には注文してみたいです!

営業時間・アクセス・ホームページ

住所〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-23-1 Dog Wood Plaza 7階
電話番号03-6431-0782
アクセス東急田園都市線 / 大井町線 二子玉川駅 徒歩1分
営業時間ランチ: 11:00~15:00
ティー: 15:00~17:00
ディナー: 17:00~23:00(L.O.22:00)
※コロナウイルスの影響で営業時間が変更されております。
詳しくはHPを参照
ホームーページhttp://www.motijapan.com/index.html

まとめ

とても食べ応えのあるランチでした!

やはり、ナンは美味しいですね・・・
定期的に食べたくなります。

駅前という立地も文句なし。
ご都合が付く人は平日のランチタイムが価格的にもオススメです!

夜は夜景がみえるとのことですし、
開放的な空間で親しい人とまったりとした時間を過ごすのも良いですね!

The following two tabs change content below.
「住所が世田谷区ってなんだかカッコいい・・」 田舎者が考えそうな理由で移民してきた昭和生まれのいい大人です。 頭の回転が遅く、会話で何かを伝えるのがとても苦手。 「そんな自分でも生きれる場所はないのか?」と逃げる様に考えた結果、じっくり文字に起こして伝えられるブログにハマる。 好奇心が旺盛で、いつかは独立して新しいことにチャレンジしたいなと日々自問自答中です。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「住所が世田谷区ってなんだかカッコいい・・」

田舎者が考えそうな理由で移民してきた昭和生まれのいい大人です。
頭の回転が遅く、会話で何かを伝えるのがとても苦手。
「そんな自分でも生きれる場所はないのか?」と逃げる様に考えた結果、じっくり文字に起こして伝えられるブログにハマる。
好奇心が旺盛で、いつかは独立して新しいことにチャレンジしたいなと日々自問自答中です。

コメント

コメントする

目次
閉じる