公式Instagramでも世田谷の魅力を発信中!

【梅が丘】FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)で朝カフェ♪

ありさ

おいしいコーヒーとパンで、すっきりと清々しい朝を迎えたい!いいカフェないかな?

せたさん

2021年10月1日梅が丘にオープンしたばかりのFUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)がおすすめにゃ♪

朝8:00から夜20:00まで楽しめるにゃ!!

ありさ

行ってみたい!

コーヒー好きなら知っているノルウェー・オスロ発のコーヒーストアが、梅が丘駅から徒歩4分の場所にオープン。

近くには羽根木公園や緑道もあり、ゆったりと満たされる時間を過ごせると聞きつけ、早速訪ねてみました。

この記事ではFUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)での朝のカフェ体験をレポートします♪

せたさん

早速、FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)へ出発にゃ!!

目次

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)とは?外観/内観をご紹介

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 内観

こんな人におすすめ
コーヒーを楽しめるカフェに寄りたい
おしゃれなカフェゆったりとした時間を過ごしたい
・ドリンクやちょっとしたスイーツをテイクアウトしたい
公園でお散歩がてら、コーヒーを楽しみたい

FUGULEN(フグレン)の初代店舗は1963年ノルウェーのオスロにできた「KAFFE FUGLEN」という小さなカフェ。

せたさん

その後、オスロのコーヒースタンダードを高めてきたコーヒーショップなのだにゃ!

時を経て2012年にはじめて海外支店として東京・渋谷にお店をオープンさせ、以来浅草や登戸に進出して来ました。

その4店舗目にFUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)がオープンしたのです!

店舗の入り口はこんな雰囲気です。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 入口
ありさ

出入口がすこし奥まっていて、控え目だけれどオシャレでシンプルなつくりだね♪

入り口付近には「FUGLEN(ノルウェー語で「鳥」のこと)」の赤と白のマークの看板があるので分かりやすいです!

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 看板

店内に入るとそこは、1940年~1970年に作られたノルウェーのヴィンテージ家具やインテリアで彩られた落ち着く空間。

ありさ

おすすめはソファ席!お店の一番奥のスペースにあって、座り心地がよくまったりできるよ♪

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) ソファ席

年代物の柔らかなソファで、家にいるかのようにくつろげます。

ソファ席のガラステーブルの下にはノルウェーの本も、飾られています。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 本
ありさ

ノルウェー語は分からないけれども、アート関連のセンスのいい本だったよ!

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 本
梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 本
せたさん

器が置かれていたり、棚にちょっとしたインテリアも飾られていて、空間にこだわりを感じるにゃ♪

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) インテリア
梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) インテリア

北欧の家具やインテリアが好きな人にも、FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)はおすすめなスポットです。

ソファ席の上には窓があり、そばにある木の緑がのぞいて自然な雰囲気。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 窓

ソファ席から店内はこんな景色です。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 内観

右側にはカウンター席があります。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) カウンター席

カウンター席からはバリスタがコーヒーを淹れる風景を楽しめます♪

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 内観
せたさん

コーヒー好きな人は、バリスタとの会話も楽しめるのでカウンター席がおすすめにゃ!

右側にはテーブル席、その奥の壁際にもカウンター席が並んでいます。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 内観
ありさ

壁際のカウンター席は1人で来た人も使いやすいね♪

ちなみにテーブル席とカウンター席のそばには、小さな出入口があり、裏の緑道沿いに出ます。

せたさん

そこから出入りするお客さんも多く見かけたにゃ♪

1つ1つの家具、インテリア、空間のどれをとっても、洗練された北欧の雰囲気を感じられる店内です。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) インテリア

「気分転換で忙しさを忘れてリラックスしたい」

そんな人にはぜひ訪れてほしいカフェです♪

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)のメニュー

フグレンのメニューはこちら。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) メニュー

ドリンクメニューの半分をコーヒーで占めています!

ありさ

コーヒー豆は2014年から日本国内で自社焙煎を始めたんだって!

せたさん

今ではコロンビア・ホンジュラス・エルサルバドル、ブラジル、エチオピア、ケニヤの生産者からシーズンごとに生豆を買い付けているにゃ♪

コーヒーの他には紅茶やミルク、ジュースなどのソフトドリンクがあります。

スイーツは、

  • アフォガード 710円
  • アイスクリーム 530円
  • ブラウンチーズクッキー 500円
  • カルダモンビスコッティー 210円

がありました。

軽食としてはパンメニューがレジ横のケースに展示されています。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) パン
  • カルダモンロール 480円
  • シナモンロール 480円
  • クロワッサン 430円
  • パンオショコラ 480円

の4種類があります。どのパンもコーヒーに合うパンです。

迷いに迷った末、今回はせっかくなのでコーヒーを使ったドリンクにしてみました♪

ありさ

カフェ・ラテ(580円)のホットを選んでみたよ!

せたさん

小腹も空いたから、シナモンロール(480円)も追加だにゃ!

3分ほどするとシナモンロールとカフェ・ラテがテーブルに運ばれてきました。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) メニュー

なんともオシャレなモーニング。

カフェ・ラテにはハート形のラテアートが施されていました!

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) カフェ・ラテ
ありさ

朝からこんなに気分の上がるラテアートでカフェ・ラテを楽しめるなんて最高だね♪

一口飲んでみると、やさしい甘さが柔らかいラテアートの泡に包まれて、口の中でふわっと溶けます。

せたさん

ホカホカのカフェ・ラテで、身も心も温まる朝だにゃ~

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) カフェ・ラテ

カフェ・ラテの量も予想していたよりも多く、ゆっくりと朝を楽しむには大満足できます。

そしてお次はシナモンロールを。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) シナモンロール

シナモンロールはVANER (ヴァーネル)という谷中にあるノルウェーパンのお店のものです。

小麦粉はノルウェー産のものを使用していて、とても本格的。

サワードウと呼ばれる自然発酵させた、伝統的な酵母も使っています。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) シナモンロール
せたさん

ちなみにサワードウには、小麦だけじゃなくてライ麦の粉も含まれているにゃ!

ありさ

実際に食べてみると、ライ麦が含まれているせいか少し酸味があるね!
とても素朴な味がするよ♪

シナモンロールの生地自体の甘さは控え目です。

シナモンとお砂糖がほんのりと香る大人のシナモンロールは、柔らかな甘さのカフェ・ラテにぴったり。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) シナモンロール

真ん中には角ばった粒の大きいザラメ糖が掛けられていて、甘さをほどよく補ってくれます。

シナモンロールは案外お腹に溜まるので、軽い朝ごはんにはシナモンロール1つでも十分でした♪

他のクロワッサンやパンオショコラ、カルダモンロールもコーヒーに合うパンなので、コーヒーのお供にパンをオーダーしてみては?

その他の口コミ

ソファ席がめちゃ良くて、本読みに来たくなる。
雰囲気いいー!

Googleマップより

久しぶりにフグレン飲みましたがやっぱり美味しかったです!梅ヶ丘にいいコーヒースタンドがなかったのでフグレンできて嬉しい〜

Googleマップより

住宅街の中でお家ような
良い空間でした。

Googleマップより

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)に行く前に知っておきたい3つのこと

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)を訪れる前に知っておきたいことは3つ。

  • 羽根木公園のそば、緑道沿い
  • テイクアウトあり
  • コーヒー豆の販売あり

ひとつずつ、確認していきましょう!

羽根木公園のそば、緑道沿い

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 羽根木公園

店舗名のとおりFUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)は羽根木公園のすぐそばにあります。

羽根木公園の入り口までは、お店から歩いて1分程度

ありさ

公園でのお散歩ついでに立ち寄りやすいね♪

せたさん

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)でコーヒーをテイクアウトしてから、公園をお散歩するのもアリにゃ!

またFUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)の裏には小さな緑道もあります。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 緑道

お店にも緑道に出る小さな出口があるので、そこから緑道散歩を楽しめます。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) 出口
ありさ

緑や自然を感じられる場所でリフレッシュしたい時におすすめなカフェだよ!

テイクアウトあり

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) テイクアウト

店内での飲食はもちろん、テイクアウトもできます。

コーヒーをテイクアウトして公園でお散歩を楽しむのもあり、スイーツやドリップコーヒー、コーヒー豆を買って自宅でカフェタイムを満喫するのもあり!

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) テイクアウト

ちょっとしたテイクアウトのお土産に、

  • ドリップバッグ(KENYA/BRAZIL) 260円
  • ブラウンチーズクッキー 500円

はおすすめ。

梅が丘 FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園) テイクアウト

プチ贅沢なお茶の時間を過ごせます♪

コーヒー豆の販売あり

FUGLEN HANEGI KŌEN(フグレン羽根木公園)では焙煎したコーヒー豆も販売されています。

コーヒー豆は毎週火曜日・水曜日に焙煎していて、焙煎から1週間以内の新鮮なコーヒー豆が手に入ります。

ありさ

スタッフさんに聞くと、コーヒー豆のことを詳しく教えてくれるよ♪

店頭だけではなく、オンラインでも販売しているので自分用に取り寄せることも、ギフトとして大切な人やお世話になっている人に贈ることもできます。

せたさん

3,400円以上の購入で全国送料無料になるにゃ!

営業時間/アクセス/HP/SNS

住所〒155-0033 東京都世田谷区代田4丁目36−14 水巻ビル 1F
電話番号03-6379-0909
アクセス梅が丘駅から徒歩4分
営業時間8:00~20:00
定休日なし
公式HPFUGLEN(フグレン)
Instagramfuglenhanegikoen
Twitter@fuglenhanegi
FacebookFuglen Tokyo
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる